光通信の場合には、このノイズに対して非常に強く、常時安定した通信が可能になります。このため、折り入って長距離の通信になると、伝送損失が発生し、通信速度が著しく遅くなるという傾向がありました。

 

光回線とは、光ファイバーケーブルを使用した通信回線のことです。このため、長距離通信の場合でも伝送損失が非常に少なく、近距離通信の場合とほとんど同様の速度で通信することが可能になります。

 

なお、従来のADSL回線は、金属で構成されており、通信には電気を使います。ADSLのような電気による通信の場合には、ノイズによる外乱作用の影響を受けやすい傾向があります。

 

しかし、光回線の場合には、光ファイバーケーブルとレーザー光を使って通信を行います。従来のADSL回線(固定電話のケーブルを利用したインターネット通信回線)よりも、短時間に大量の情報を送信できることが特徴です。